• 五個荘を楽しむアンケート4
  • HOME
  • 五個荘を楽しむアンケート4

滋賀ならではの食を楽しむ

 近江商人の日常の食事は「質素」に尽きます。贅沢をせず、地域でとれる野菜や、琵琶湖の魚介などの独特の地産地消文化が自然に営まれてきました。それが鮒寿司をはじめ味噌、醤油、地酒といった発酵食であり、地域の繋がりを大切にする心が、現代で言う自然志向のオーガニック野菜を使った食文化に発展しました。

 また、五個荘には川戸(かわと)があります。川戸は、まちを流れる清らかな小川から屋敷の中に水路を引きこんだもので、野菜や鍋釜をそこで洗い、そこで飼う鯉が飯粒を餌にするのです。残飯を極力減らす工夫がされ、現代のフードロスを考える原点がここにあります。

 五個荘には「始末してきばる」という家訓があります。始末とは倹約するという意味です。この町では「始末」の心を現代風に実践し、可能な限りの食品ロスがない工夫に挑み、美しくいただく取り組みもはじまっています。


滋賀県には多くの魅力ある食材を使った食事を楽しむことができます。
以下のアンケートにお答えください。

1.どんな食材を使った食事を楽しみたいですか?(複数回答可)
川魚や湖魚(鮒ずし、小鮎、ビワマス、イワナなど)近江牛や近江地鶏山菜や野菜近江米やみずかがみフルーツ日本酒やワインその他

2.このような食材を使った食事にいくらくらいまで支出しますか?
3000円未満5000円未満1万円未満1万円以上

3.その他意見